髪を染めるメカニズム

◆永久染毛剤(ヘアダイ、ヘアカラーなど。医薬部外品)「シエロ」シリーズで言えば「ム1スカラー」「ヘアカラlEX-クリーム」「ヘアカラlEXミルキー」ですが、ジアミン系染料(酸化染料中間体)老過酸化水素の酸化力で反応させ、発色させて染毛します。

白髪染めにもっとも多く利用されているヘアダイもこれに当たります。若い人が好む茶髪やカラフルな色にするヘアカラーも同様です。反応させて発色させるために2種類の薬品、か使われ、1剤にはジアミン系染料の酸化染料とアルカリ剤のトリ1トメント剤、2剤には過酸化水素とトリ1トメント剤が使われます。

この2種類の薬品を混合させると、まず、アルカリ剤によってキュ1ティクルのすき間が聞きます。次に薬品を混合することによって発生した酸素により、メラニン色素が破壊され、髪が脱色されます。ジアミン系染料は分子が小さいため、染料が毛皮質の内部まで浸透します。

そこで過酸化水素との混合で酸化反応を受けて巨大化し、今度は不溶性の粒子を作り、キュlティクルのすき間を通りにくくなり、染料が流出しにくくなります。毛皮質内部で発色し定着するため、色持ちがよく、さらに脱色しながら染色するため、好みに近い色に染めることができ、また色持ちも213カ月と長いです。

美容師もお客様の望む色に染毛できるため、この方法をとるケlスが多いのですが、ジアミン系染料は、髪が傷むのはもちろん、アレルギーなどを引き起こしたケlスが多く報告されています。

◆半永久染毛料(ヘアマニキュア・カラ1リンスなど。化粧品)

「シエロ」シリーズで言えば「ヘアマニキュア」ですが、酸性の染料老キュ!ティクルのすき間に通らせて、毛髪内部の毛皮質の外側部分に浸透させ、イオン結合によって染めます。酸性の染料は分子が大きいため、キュ1ティクルのすき間を通らせるのは困難なので、通常は毛髪を加湿してキュ1ティクルのすき間を開けます。

染め上がりの色は、毛皮質にあるメラニン色素の色とミックスされるため、黒髪をあまり明るい色にすることはできませんが、白髪の部分は問題なく染まります。イオン結合による染色は化学反応ではないので、毛髪ゃからだへのダメージは低いのが特徴です。色持ちは213週間程度です。

シャンプーで髪質に艶を出すコツは?

頭皮の毛穴に詰まった脂を落とせば、うねった髪の毛は生えてこない

ツヤ髪=トリートメントだけが重要だと思っていませんか? その考え方は、今日から改めてください。ツヤを作り出すのに、もっとも大切なのは「シャンプー」です。そもそも、髪のツヤを生み出すおおもとは、頭皮の毛穴から分泌する「脂」。

この脂が1日かけて根元から毛先まで浸透し、美しいツヤを作ります。ただし、皮脂は時間が経つと腐敗してくさい臭いを発するばかりか、毛穴を詰まらせます。

この皮脂汚れが毛穴をふさぎ、新しい髪、か真っ直ぐ生えるのを邪魔し、うねりゃねじれの原因となって、髪からツヤを奪うのです。シャンプーの役割は、真っ直ぐな髪、が生えてくるのを邪魔しないよう、頭皮の毛穴に詰まった脂を落とすことに尽きます。

しかし一方で、髪の摩擦や脂・栄養分の流出は、最小限にとどめねばなりません。つまり、シャンプーは、真逆の性質をもっ「頭皮」と「髪」を同時に洗わねばならない宿命を背負っています。

そこで大切なのが、「シャンプー剤の選び方」と「シャンプーのしかた」。シャンプー剤は、「頭皮」重視なのか、「髪」重視なのか、このバランスのとりかたの違いが、配合されている洗静成分の違いとなって表れます。

自分に合ったシャンプー剤(洗浄成分)を選ぶには、自分の頭皮の状態と髪質を知ってください。本来なら、美容師に聞くのが一番ですが、自分で判断する際の基準は、「シャンプーしてから1日たったとき、頭がしっとりとした状態でかゆくなるかどうか」です。

かゆくなる人は、オイリータイプの頭皮。ドラッグストアなどで1000円以下で手に入る、「高級アルコール系」のシャンプー剤が最適です。泡立ちがよくて洗静力が高く、リーズナブル。誰が使っても満足できる洗い上がりが得られます。

手触りをよくするシリコンオイルや泡立ちをよくする成分、防腐剤など、決して頭皮や肌などによいとは言えないものも配合されていますが、これらはメリットもあるからこそ含まれているもの。

たとえば、シリコンは手触りをよくしたり、ツヤを出してくれたりするので、もつれやすい髪や乾燥毛、クセ毛を扱いやすくしてくれます。トラブルがないのなら、必要以上に神経質になることはありません。

ただし、脱脂力や皮膚刺激が強いので、頭皮に残らないよう、よくすすぐのを忘れずに。かゆくならない、脂っぽくならないという人は、普通肌、乾燥肌、敏感肌のい、ずれか。この頭皮タイプの人たちは、頭度や髪の悩み、髪質に応じて「アミノ酸・ベタイン系」「せっけん系」のシャンプー剤を使い分けていきましょう。頭皮が乾燥してカサカサする、髪が細く。ハサつきやもつれが気になる。

白髪を染めるのにヘアカラートリートメントを使用

白髪染めで健康が分かる

漢方では病気の段階を、衛分証、気分証というように四つの段階に分けて考え、最初は浅い症状の衛分に始まり、次にやや深くなって気分となり、次に営分、最後に血に入って最も悪い血分と言う症状になるとされています。この四段階に分けて考えることは、いずれの場合にも通じますので、髪もこの分け方で考えてみることにしましょう。

白髪染めのコツ

髪の場合の衛はトラブルが表度のあたりにあると考えられます。ごく浅い表面の問題です。衛生状態、つまりシャンプーをかえたり、プラッシングをよくしたりして、皮膚に風や冷熱に対する防衛力を強化してやればいいのです。シャンプー、ヘアパックを行い、脱毛、白髪の部分に漢方針をするのもいいでしょう。いろいろな養毛剤の効果を期待できる人は、この段階のかたのみと言えます。これ以上程度の進んだかたがいくら高価な養毛剤を買い込んでもむだです。

白髪は元気の気、白髪は気からの気

自には見えないあなたの気の持ち方や考え方が髪を白くしたり抜けたりさせているのです。最近何か悩んでいることがありはしませんか。それも人に言えないことがあるのではないでしょうか。肉体的にはどこも悪くなくても、あなたの心の病が髪にあらわれてしまったのですから、品開は気から」という言葉はあなたにピッタリ・・・さあ元気を出してください。

おしゃれ染をしる年齢

急に気持ちを変えようとしても、それは無理かもしれません。そこで、精神を安定させる飲み物を飲むとか、運動をするとか、快いシャンプーやツポ刺激をすることによって、気分を明るくしていきましょう。シャンプーは、漢方針刺激やプラッシング、太極棒れんりゅうによる運動なども効果がありますし、名門秘茶、スピルリナ、蓮竜ドリンクなども効果的です。

自宅で毛染めできるヘアカラートリートメント

衛を皮膚表面の段階としますと、気では皮膚の内部まで、そしてこの営の段階では筋肉まで悪い状態。事態は深刻です。毛で言えば毛根までおかされていますから、1日も早く適切な処置をしないと、回復がおそくなります。

あなたのような場合は、髪が徐々に抜けできたり、徐々に白髪になってきた、というふうに、いつの間にかこうなってしまったということが多いのです。精神的な問題もかかえていらっしゃるかもしれませんが、肉体的にも相当自覚される症状があるのではないでしょうか。

朝、起きにくくはありませんか。疲れるとむくむ、ということはありませんか。胃痛、便秘、下痢といった症状はないでしょうか。

こうした症状があって、髪が抜けたり白くなってきたのなら、あなたは食事のとり方がまちがっているのです。栄養状態がよくないから、営の段階になってしまったのです。このままほうっておいたら、髪は衰退の一途をたどるばかり。早く食生活を改善して、体の中から治していくとともに、シャンプーその他で外側からも治していく必要があります。